第1回
「掲示板で呼びかけてみよう」


第1回目は 掲示板についてです。

 掲示板というのは何かといいますと。
 ここにも有りますね。不特定多数の人が色んな話題を話し合う場所です。
 BBSなどとも呼ばれています。

 FF11では、一緒に冒険する人を探す為には、ゲーム内の広場で呼びかけるか、こうした掲示版を利用して「一緒に行こうよ」と呼びかける事がゲームを行う上で楽です。
 独りで冒険?
 おっと、それは大変な間違いですよ。このFF11というゲーム、独りで勝てる敵は殆ど居なくて、パーティーを組んで戦わないと非常に成長効率が悪いようにデザインされています。

#################
 ただし、一人で戦った方が得られる経験値は高くなります。
 その分、死亡する可能性も高いですから、死ぬと途端に割が合わなくなります。
 パーティー編成は「自分に適した敵を死ないように、最小単位の人数で」行うのはBESTと言う事になるでしょうか。
#################

 ですから、FF11でゲームをPLAYするためにはパーティーをどうしても組む必要がある訳です。
 なぜ、掲示板やゲーム内で同行者を呼びかけないといけないかは解りましたでしょうか。

 さて、掲示板と一言で言っても目的によって色々な形態やローカルルールがあり
ます。
 私たちギルドが設置している様な雑談を含めた多目的掲示板があります。
 この他にも、情報系HPサイトが設置している質問掲示板、ITEMトレード掲示板、冒険者の求人掲示板などがあります。これらを専門掲示板と呼ぶ事にします。

BBS共通のアドバイスとしては、

1.他の人がどういった書き込み方をしているかをちゃんと見て、良い例だと思う
 ものを真似をする事。悪い例もちゃんと見て、絶対に真似しない事。

 初心者の貴方は、少々の不作法をやらかしても大部分のベテランさん達からは大目に見られます。でも、こういった基本的な事をちゃんとこなせば、ベテランさん達は対等に扱い、会話に応じてくれます。


2.初心者だと好意的に理解してもらう事

 「ネットゲームを初めてまだ○ヶ月です」
 こういった書き込みで、却って反発を喰らう初心者の方も確かに居ます。しかし、それは1番で言いました「掲示板のルール」を理解していない為です。掲示板では貴方は新参者だという事を肝に銘じましょう。
 礼儀正しく振る舞った上で、「ネットゲームを初めてまだ○ヶ月です」といった台詞をつなげればほぼ問題なく、好意的に受け入れられるでしょう。
 こういった事を無視して、その掲示板の人たちにタメ口を吐いたり、自分勝手な持論を振りかざすと、一発でつまはじき者ですので絶対に止めましょう。
 掲示板の書き込みをじっくり調べていくと、どんな人が嫌われているのかが、ハッキリと解ってくると思います。

3.はじめの挨拶
 一般掲示板の場合は、最初の書き込みタイトルは「はじめまして」でOKです。
 レス(レスポンスの略。返信とも言います)が付く迄の時間はマナーとして大体3日以内が基準です。HPによってそれよりも長いところも有れば、短いところもあります。すぐに返事が無くても、有る程度気長に待ちましょう。

 目的が細分化されている専門掲示板の場合は、単刀直入に用件を切り出しましょう。レスの付く迄の間隔は早くて1時間、遅くても1日以内が殆どです。コメント作成量が多く、早く話題を決着させないと、自分の発言したコメントが他の人たちの書き込みによって、どんどん後ろに流れて行ってしまいますので、専門掲示板のレスは出来るだけ迅速に付けましょう。
 タイトルは、単刀直入に用件そのものをズバリと言う方が良いでしょう。

 例えばこんな具合です。
 ●求人専門掲示板の場合
  ×「いっしょにいきましょう」 ○「サンドリアの町広場4人募集」
  この様に、タイトルだけで興味のある人が判別出来るものが良い訳です。

 よくトラブルの元になるのがこんな例です。
 ●質問系掲示板の場合
  ×「教えてください」
  ○「バストゥークのワールドパスは何処?」
  最初の「教えてください」のタイトルの後の内容で、
「パスが見つかりませんどうすればいいでしょうか」
 とだけ書かれてたとしたらどうでしょう。おそらく、ろくな返事が返ってきません。パスがワールドパスだという事がハッキリしないのと、どこの国のパスかなど、答えてもらうのに必要な情報がありません。質問掲示板での質問は出来るだけ詳しく書きましょう。
  「初心者です」と言った後にこの様な悪い例の書き込みをすると、ほぼ間違いなく「自分の不作法を何とも思っていない甘えた奴だ」と思われちゃいますので気を付けてください。
  また、質問する内容が既に別の誰かが答えをもらっていないかチェックをしておきましょう。質問掲示板でキーワード検索が出来るものは、あらかじめ検索して答えが無いか探しておきましょう。

4.メールアドレスは晒さない
 掲示板にはメールアドレスを記入する欄がありますが、初心者の貴方はここに自分がメインで利用しているメールアドレスを入れない方が賢明です。
 信用できない人に、メールアドレスを教えるのは止めましょう。連絡を取りたい場合は、hotmailなどのフリーメール(MSNなどがサービスを提供しています)のアドレスを記入しましょう。
 メールアドレスを晒す事で、色々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。
具体的なやっかい事で一番大きいのが、ウイルスメールと広告メールです。
 通常書き込みの人数と閲覧の人数が=で結ばれません。ROM(Read Only Messageの略で良く「ROMってました」などと用います)専門の閲覧者が大部分なのです。掲示版の書き込み比率は大体9対1。「ROM9に書き込み1」だと言われています。
 10人の人が書き込んでいたら、90人の人がその掲示版をROMっていると考えた方が良いという訳です。大きなサイトほどその比率は高く、超有名サイトならばその比率は「9999対1」などと言われています。こうしたサイトに自分のメールアドレスを晒すことが、非常に問題だという事が解りますでしょうか。

 ちなみに、普通に使っているメールアドレスを掲示板で晒している人には3種類居ます。
 一人は、その掲示版の管理人、つまりは主催者さん
          (結構居らっしゃいます)
 もう一人は、何も解っていない初心者さん
          (信じられない事にかなり居ます)
 最後の一人が、その程度のトラブルを何とも思っていない超ベテランさん
          (その数は絶滅危惧種並)

 こんな所でしょうか。
 あ、ここの掲示板のように元々さびれていて、誰も見に来ないから実害が殆ど0という事も考えられますね(笑)

5.失敗しても逆ギレしない事
 複数の常連の人たちから名指しで怒られたら、ひとまず謝りましょう。
 そして、自分のどこが悪かったのかを見て直しましょう。
 相手の対応にケチを付けるのはそれからです。
 そうしなければ、貴方はそのトラブルをすぐに忘れてしまうでしょうが、その掲示板の常連さんはいつまでも憶えています。一度彼らにへそを曲げられたら、それ以降はその掲示板は殆ど使えない、まともなレスがもらえなくなったり、無視されたりします。
 損得を考えて発言しましょう。自分が初心者だと言う事をあまり自己弁護に使わないように。